スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
静寂の薬研谷
- 2011/05/14(Sat) -
地元の山って、手近にあるから簡単に行けるかって言うと
案外そうじゃないんですよね??

私にとって薬研谷がまさにそんな山でした。
県別の山ガイド本に掲載が無いのでアプローチなど
全く分かりません。
知ってる人は知ってるが、私には詳細が分からず、
人に案内してもらってやっと辿り着いた山です。

IMGP7774.jpg

今年はあるご縁から、私が山友を薬研谷にご案内
すると言うお役を頂き、勇んで行って参りましたよ~~

IMGP7779.jpg

アケボノにはもう期待できないと思いましたが、
あのシャクナゲにまた会えるなあ~~とワクワクしながら歩く・・・

IMGP7795.jpg

あったあった、あの時と同じ場所に鮮やかシャクナゲ、
ヤマシャクヤクの群生も丁度花を開いたばかりの風情・・・

IMGP7797.jpg

名前は聞いたはしから抜けていくので?え?これってなんだっけ??

IMGP7812.jpg

え?これは??

IMGP7831.jpgIMGP7843.jpg

思ったとおり、アケボノの晴れ舞台の大岩は深い新緑で
縁取られておりましたよ~~

IMGP7860.jpg
カタクリさんにも会えたし・・・

IMGP7863.jpg
こんな鮮やか新芽もあったし・・・

IMGP7872.jpg
そろそろ店じまい??しかかりのコミヤマカタバミさん・・・

主役のアケボノに押され気味だった花たちが、ここぞとばかりに
主張して、行き帰りの登山道をしっかりと盛り上げてくれました。

IMGP7871.jpg

しっとりと落ち着いた静寂の中を、ケラケラ笑いと
ボリュームMAXのしゃべり(主に食い気トーク??)で
この山域、この日は我々の貸し切りでありました。

う~~ん、最高!!癒されるぅ~~
スポンサーサイト
この記事のURL | 花のある風景 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
アケボノ・in・薬研谷
- 2011/05/04(Wed) -
篠山でアケボノの饗宴を見られなかったため
気持ちの上での消化不良がモヤモヤと残っておりまして・・・

この日は神山町上分にある”花の隠れ里”でクマガイソウを
写そうと出かけたはずなのに、急遽針路変更で林道を上って
薬研谷の登山口を目指してしまった。


IMGP7485.jpg

篠山から4日過ぎていますから、さすがに満開花盛り!!です。

IMGP7506.jpg

切れ込んだ岩場から下を覗くと岩場にはレモン色のヒカゲツツジも・・・

IMGP7543.jpg

お馴染みの岩場の風景もいつも通りで・・・
でもちょっと華やかさに欠ける??と思うのは気のせいか??

IMGP7523.jpg

どうやらこのすっきりしない感?はここ数日続いている
ひどい黄砂のせいかも??遠望する景色はすべてもやの中みたいです。

IMGP7552.jpg
身近の花はきれいに写るんですよ・・・ネコノメソウも

IMGP7565.jpg
こちらヤマルリソウ・・・

IMGP7569.jpg
こちらタムシバ・・・
コブシとの違いが初めて分かりましたよ。
コブシには花の下に一枚の葉(がく)が付いているけど
タムシバには・・・ホント、無いわ~~納得納得。

他にもたくさんの花を見つけて、思いつきで来たにしては
今日はよかった~~と勇んで家路に付いた・・・

IMGP7559.jpg
まではよかったのですが~~

ほんと、人生一寸先は何が起こるか分からない??
と、実感した一日でありました~~
この記事のURL | 花のある風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
桜・・・訪ねて
- 2011/04/06(Wed) -
かねてから気になっていたひょうたん桜、
今年こそは行かねばと、花の時期とお天気を
睨み合わせて、頃はよし、イザ決行!!

と言う事で貞光方面向いて走ります。

IMGP6414.jpg

この日のお天気はまことに花日和!!
行く道のアソコのお寺や、こちらのお庭の桜が
いずれも我先にと咲き競っております。

IMGP6399.jpg

なかなか目的地に辿り着けませんがな~~

IMGP6465.jpg

寄り道、道草さんざんした上でやっとお目当ての
桜堂のひょうたん桜のお出まし~~

IMGP6161.jpg

何でも蕾の形がひょうたん形なのでそう呼ばれるのだとか・・

IMGP6487.jpg

この日は平日だったので、こんなに素敵な花日和なのに
贅沢にもこの一本桜まるまる貸し切り状態!!
あーでもない、こーでもないと角度を変えレンズを変え、
心ゆくまで遊ばせて貰いました。

それでこの写真??な~~んてことは言わない!!

IMGP6496.jpg

このお堂の前の廃校になった小学校跡の桜も
素晴らしかった・・・
桜は、主がいなくてもずーーっと咲き続けるんだ・・・
感無量であります。目が熱くなりそ・・・

IMGP6553.jpg

帰り道、吉良のエドヒガン桜にもお立ち寄り・・・
昨年は花の頃に間に合わなかったのでリベンジ。

IMGP6542.jpg

桜色に染まった一日でした~~
この記事のURL | 花のある風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
室堂~弥陀ヶ原散策
- 2010/09/25(Sat) -
今回の立山は、三山巡りのほかにもう一つ目的が・・・

IMGP0922_20100925003228.jpg

立山室堂までは5~6回来ているにもかかわらず、
まだ室堂周辺の観光はした事がなく、一度ゆっくりと
歩きたいものだと思っていました。

IMGP0933.jpg

今回は、3連休の三日目にその予定を入れて念願を果たしたいと
思っていたら、予報では全くの雨!!らしいのです。

IMGP0936.jpg

そこで気持ちよい快晴の二日目の予定を急遽変更しまして、
予定していた奥大日岳まで行かずに新室堂乗越から雷鳥沢まで下り
弥陀ヶ原まで歩くことに・・・

IMGP0944.jpg

木道や石畳が整備され歩き易い散策の道を、秋景色を楽しみながら
たらたらと弥陀ヶ原まで下り、長年の宿題をようやく仕上げることが出来ましたよ。

IMGP0957.jpg

奥大日岳~大日岳の縦走路を見上げつつ
そのラインに沿いながら並行して、高原歩きの道です。

IMGP0964.jpg

木道周辺の花や地形や地糖群を楽しみながら
のんびり下っていきます。

IMGP0973.jpg

ゆる~~いトレッキングコースで、こんな道なら楽勝!と思ったその時に
思わぬ伏兵??現る!!

IMGP0977.jpg


この岩は獅子鼻岩(ゴリラにも見える~)と言うのだそうですが、
そろそろ弥陀ヶ原のホテル群が見え出して、あ、ゴールは近いかな??
と思い始めたその矢先に、こんな落差の切れ込みが・・・


IMGP0981_20100925183501.jpg

木道どころの話じゃなく、ほとんど垂直??にも感じられる岩場を
鎖伝いに下りるのですよ。

気分は楽勝??でしたから、そのギャップは大きかった~~
しかもすぐに終わるかと思えば、結構続くのです~~

ここを抜けるのに30分以上もかかったように思えました。

でもまあ、始めあれば必ず終わりもあるもので、ほどなく
弥陀ヶ原のバス停に到着。

到着と同時に雨がバラバラ・・・お~~なんとラッキ~~
あの岩場で雨に出会わなくて良かった!!

しかも待ち時間0にて定期バスが到着、すぐさま飛び乗って
室堂まで引き返したのでした~~

IMGP1005.jpg
室堂バスターミナルから雷鳥沢の宿まで、これまたのんびり歩いて
みくりが池、みどりが池もしっかり確認して満足のお宿入り・・でした。

あ~~今日はよく歩いた~~(05:48~15:38休憩含む)
この記事のURL | 花のある風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
白馬岳・花遊び
- 2010/07/23(Fri) -
雪渓を過ぎたら・・・さあいよいよ白馬名物?お花畑
の出現です。

IMGP9102.jpg

今までは黙々と歩くだけだったのが今度は一転、花!
ここにも花!あそこにも花!!

IMGP9063.jpg

ちょっと行っては立ち止まり、違う花が出るたび立ち止まり
もうシャッターを切るのに忙しいったらありゃしません・・

IMGP9113.jpg

同行の山友には先に行ってもらい、存分に花を眺めながらの
楽しい道行となりました。

IMGP9203.jpg

ガスの中に浮かび上がる山の花々の幻想的な風情は
もう何物にも代えられませんねえ??

IMGP9134.jpg

この日の宿は山頂から少し下がった白馬岳村営頂上宿舎
なので、葱平から2時間半で行けますからまだ十分に余裕が
あります。(そのつもりで白馬山荘でなくこちらを予約した)

IMGP9190.jpg

それにしても、こんなに素晴らしいお花畑とは・・・

IMGP9226.jpg

いつまで眺めていても飽きない風景でした。

IMGP9207.jpg

葱平から2時間15分の歩きで、14時半頃には宿舎到着。

IMGP9268.jpg


今回の連休は、梅雨明けが遅れていたせいか人出が少なく
(多分この日は200人ほどの宿泊?)小屋もゆっくり
布団も十分に使えて、これはまさに大名山行と言える?
のではないでしょうか??なんとラッキー~~

IMGP9163.jpg

と言うことで、山の初日はこうして過ぎてゆくのでした。

・・・・続く・・・・・


この記事のURL | 花のある風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。