スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
プーシキン美術館
- 2006/02/26(Sun) -
行ってきました。

大阪の国立国際美術館1月11日~4月2日の予定で開催されている。

ロシアの豪商が20世紀前半のヨーロッパからこれはと思う絵画を買い取り、せっせと本国に運んだ成果をプーシキン美術館が収蔵したものだという。

朝は8時10分頃松茂のバス停からおなじみ阿波交通のパープル色のバスに乗り込み途中淡路のサービスエリアでトイレ休憩の後難波近辺に10時半位に到着。
夕べからの雨が結構激しくなり本格的な雨空。

アーケード街を抜け、そごうデパートや大丸デパートのウィンドウショッピングのハシゴ。
大丸の8F食堂街< 正弁丹吾亭> にて法善寺弁当1260円にて昼食。
その後地下鉄御堂筋線にて淀屋橋で降り、徒歩にて国際美術館を目指したのでした。
普通の美術館っぽい建物を想像しながら歩いていると巨大なオブジェ?風の物体が現れてびっくりした。え?これが美術館?

やはり大阪は大都会だわ。どんな有名な展覧会が催されたって徳島ではここまでの人出は望めないだろうなあ。つい数日前のニュースで、10万人目の入場者に記念品が渡されたとか言ってたみたいだし?
 
モネ、ルノワール、ゴーギャン、マティス、ピカソ、ロートレック、などなど、美術の教科書でお目にかかったようなお歴々の絵が、しかもコピーでなく本物が?ん?当たり前か?ずらりと並んで圧巻でした。
絵画に傾注しているわけでもないし、美術に詳しくも無いけれど、たまに日常から離れて美しい絵を見ることは精神的にはすごくいいみたい。

心地よい充足感を感じたことでした。

その後徒歩にて大阪駅近辺まで戻り、阪神阪急とまたデパートのハシゴ。
デパ地下にて各種焼き立てパンをゲットして17時30分に帰りのバスに乗り込みました。

美術館を出た頃から雨は小降りから次第に止んで、淡路のSA に着く頃は生暖かい風がビュービューと吹いていた。

これってもしかして春一番か?

松茂着8時、そこから車を飛ばして8時50分に帰宅。

満足の休日でした。


スポンサーサイト
この記事のURL | 旅の時間 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。