スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペシ岬・利尻島
- 2007/06/30(Sat) -

利尻でのお宿<マルゼン>さんでは部屋に魚の名前をつけており、私が泊まった部屋の名は<ソイ>。どんな魚なんでしょ?聞き忘れましたが。


で、この部屋の窓から見える景色は


IMGP45690097.jpg
どど~んと、これです。


いかにも北の果ての海の色?というのか深い緑色の透き通った海が眼前に広がり、右手にはこの島の観光名所ペシ岬が控えている。


この大きな岩、何かの形に見えませんか?通称<ゴリラ岩>なんですって。思わずウンウンって頷いてしまいましたよ。


IMGP45740102.jpg
足慣らしの散歩で、このペシ岬を歩いてみました。


エゾカンゾウの咲く絶壁はウミネコさんのコロニーになっており、


IMGP46100138.jpg
これは卵を温めている母鳥なのか、この場所から動かないのです。


IMGP46030131.jpg
岬の突端にある白い灯台めがけて漁船が港に帰り着きます。


IMGP46310159.jpg
展望台付近で見かけたこの鳥は?ひょっとしてリシリコマドリ?


IMGP47480089.jpg IMGP46450173.jpg IMGP46400168.jpg
リシリヒナゲシ          レブンウスユキソウ       エゾスカシユリ


IMGP46380166.jpg IMGP46440172.jpg IMGP47530094.jpg
     ?                    ?             チシマフウロ


これらの花々は、実はペシ岬展望台の登り口そばにあるフォトギャラリー<サンセットドリーム>さんの花壇にあるお花畑です。


この島は気候の関係で、平地でも高山植物がキチンと根付くのだそうです。(もちろん、これらは種から芽吹かせた園芸用の苗ですが)


利尻に住み着いた写真家の松井さんの素敵な利尻の写真をギャラリーで見せてもらいながら目覚ましの朝のコーヒーを頂くのはなかなかオツなものでした。


朝5時からの開店というのもうれしいですねえ。


この島の朝は3時半くらいからもう明るいですから、時間を有効に使おうと思ったら早起きするに限ります。


まさに、<早起きは三文の得~>でした!!


なにせ前の晩、7時半からバタンキュ!で寝てますから苦労しなくても早起きになる?と言うオチは内緒!!ね。

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅の時間 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
利尻山
- 2007/06/29(Fri) -

今回の旅を思い立ったのは4月の事でした。JALとANAからの超割の案内を見ていたらついフラフラと予約を入れてしまったのです。


そうなると次は宿だな?ってんで利尻でネット検索してあちこち覗いていたら<お宿マルゼン>と言う所にヒットしたので、勢いでこれも予約をしてしまった。


ず~っと利尻山への憬れはありましたが、どんな資料を見てもここは傾斜のキツさ、登山時間の長さから上級者向きと案内されていたのです。何せ日帰り10~12時間要ですから。


まあ、たとえ登山は無理にしても観光と言う手もあるから、と自分を慰めていた所、マルゼンのサイトにナント<島民登山>のイベントを偶然に見つけてしまった。


しかも、ですよ、島民意外でもOKだと言うじゃないですか?早速に申し込みました。


P10501090004.jpg
6月23日(土)こちらは鴛泊コーススタート地点の北麓野営場.。イベントの開式を経てストレッチで身体をほぐしてから4:53に歩き始めです。


P10501160011.jpg
夕べ夜半から降り始めた雨が朝まで続いていたのですが、宿を出る4時過ぎ頃には収まって、かろうじて雨具無しでのスタートになりました。


P10501380030.jpg
3合目(甘露泉)、4合目(野鳥の森)、5合目、6合目(第一見晴台)、7合目(七曲)、と進むうちに次第に天気が回復していき、第二見晴台を経て長官山(8合目)1218mではご覧の通り青空が・・・


P10501400032.jpg
ガスの中に隠れてはいますが、これは紛れもないあの利尻山の山頂です。この地で初めて姿を現してくれました。


このあと一旦下りに転じ、避難小屋を通り過ぎてからは足場の悪い急なのぼりが続きます。上りも下りも油断できない道なので渋滞も起こります。


P10501640056.jpg
9合目を過ぎた辺りからお花畑がいよいよ本格的になり始めるのですが、どっこい、のんびりと楽しんだり写真を撮る余裕がありません。


P10501610053.jpg
それでもやっとの思いで、キバナシャクナゲを捉えました。


やがて道は沓形コースと合流しいよいよ山頂1721mへと辿り着くのです。


DSCF44521.jpg
AM11:11山頂着。この写真は島民登山のサイトから承諾を得てお借りしました。


この日の登山者は300人だったとか、なのでゆっくりはできなくて記念写真を撮ったらすぐに山頂とはおさらばです。せっかく苦労して登ったのにい・・・


P10502190110.jpg
それでも、帰り道ではこんなに素敵な利尻の美形を見られたし、


P10502260117.jpg
雲の絨毯、雲海もはっきり見られたんだからこれ以上の贅沢はありませんよね?


下りの道も行きと同じくらいの難易度?で、私にはすこぶるキツイ下りでしたが、最後尾でゴールインした時にはスタッフの皆さん方にも喜んでもらえて、本当にほっとしました。


ヘリで運ばれるなどと言う最悪の事態にだけはなっちゃいけないという思いで歩いたので、緊張が解けたら疲労が噴出したりして・・・


夜は食事から帰って部屋に入ったとたんに布団敷いて爆睡!!してました。


こんなにきつかった山ははじめてだあ~~


でも、また来たい~~

この記事のURL | 山の風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
レブンアツモリソウ
- 2007/06/28(Thu) -

花の浮島礼文島はその名の通りこの時期たくさんの花が咲き乱れており、その種類は有に300種を超えるそうです。


その中でも一番有名な、この島固有の<レブンアツモリソウ>は、残念な事にに6月中旬でその花の時期を終え、自然群生地はすでに立ち入り禁止のバリケードが張り巡らされて厳重に監視されておりました。


心無い人たちによる盗掘が後を絶たないため24時間体制の保護管理が必要なのだとか。


でも、そのレブンアツモリソウが島内で1箇所だけまだ残っていると言うので行ってみたのです。


しかもそれは車道に面した場所で、嬉しい事にクリーム色もピンクも揃っていました。日陰になる場所なのでどうやら花時期がずれたらしい。


P10503320101.jpg
花の大きさは4~5センチくらいでしょうか?多少傷みはありますが、この時期ほぼ完全な花姿を見ること自体が夢のような出来事で、夢中で写真を撮りました。


P10503250094.jpg
上の2輪は少し痛々しい感じもしますが、3輪揃った姿もご紹介しなくてはね・・・


P10503290098.jpg
で、こちらがピンク。こちらは十分鑑賞に耐えられる状態でしょう?


P10503360105.jpg
しかもおあつらえな事にクリーム色とピンクが揃って3輪ずつ・・・観光客のために人為的に植えられたのか?と勘ぐってもみたのですがどうも違うらしい。


ここはすなおに喜ぶ事に・・・だって見られただけで嬉しいですもん。


さすがにこの場所は、ひっきりなしに訪れる人の列ができておりました。


いやあ、自然は本当にいい仕事してくれますねえ? 

この記事のURL | 花のある風景 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
北の国から
- 2007/06/27(Wed) -

戻ってきました~


今回はもう、その名もズバリ日本最北限の地、利尻礼文まで・・・


ちなみに最北端は稚内らしいですが、こちらは北限なんですって。


一番の目的地はやはり↓ここでしょう・・・


IMGP45470075.jpg
ジャ~ン!!雲の上ににょっきりと顔を出してその威容を誇っているようです・・・


IMGP45640092.jpg
利尻空港から見上げる姿はまるで富士山の如く・・・右手にローソク岩がはっきり見えています。


IMGP46280156.jpg
そして、鷲泊のフェリーターミナルからはこんな立ち姿を見せてくれる・・・


IMGP45970125.jpg
山肌に残った雪形を見て、ツルか若しくはオリヅルを連想してしまったのですが、そんな風に見えないでしょうか?


地元の人に聞いても、そのような特別な呼び名は無いという事だったのですが・・・


利尻山1721m、利尻富士と言った方がなじみが深いですねえ。深田久弥の日本百名山にもその名を連ねる日本最北の名峰です。


その利尻山にあこがれて自分の技量の拙さをも顧みず、はるか四国からのこのこと出かけていった顛末はまたこの次に・・・


P10502270118.jpgそれにしてもこの山は、惚れ惚れするほどの美形でいらっしゃる・・・ 

この記事のURL | 山の風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ブログ休みます~
- 2007/06/21(Thu) -

IMGP44210001.jpg
明日から5~6日、ブログはお休みします~


家を留守にしますので・・・


ちょっと北の方に出かけます。もちろんカメラは連れて行きますよ~


いい写真が撮れるといいのですが・・・あんまりアテにはなりませんけど・・・


また帰った頃に、覗いてやってくださいね~~


 

この記事のURL | 日々の時間 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
夏到来!!
- 2007/06/20(Wed) -

IMGP44510001.jpg
今日は朝から真夏の空が出現しておりました。


梅雨だと言うのにここ数日雨はお預けです。


IMGP44560006.jpg
このままで行くと給水制限が出るやも知れません。


高知のダムでは水量が減ったために、以前ダムの底に沈んだ旧村役場の建物が出現したとのニュース写真が出ていました。


この夏の真夏日は50~60日はあfるだろうとの予報も出ましたし、かなり厳しい季節となりそうです。


きっちり栄養のあるモノを食べて、よく寝て、夏バテなどどこ吹く風?と行きたいものですね。

この記事のURL | 日々の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
柿が・・・
- 2007/06/18(Mon) -

IMGP44250002.jpg
庭の柿が実を付け始めました。今年の収穫はどうだろう?


例年なら200個前後(4本の木の合計で)は獲れるのですが、昨年はどうした事か30個ほどしかできなくて、秋口に寂しい思いをしたのでした。


実のなるものは、当たり年とウラ年があるのが常で仕方ないのでしょうが、これほどまでに違うと、ハテ、何が悪かったのだろうかと考えさせられてしまいます。


今はまだピンポン玉くらいの大きさで、けっこう鈴なりに実が付いているように思うのですが、油断はできません。


原因は分かりませんが、この時期の若い実がボロボロと落果することがよくあるのですよ。


さあ、どれだけの実が落ちずに枝にしがみ付いて収穫時期まで持ちこたえてくれるか、秋まで楽しみに待つ事にしましょう。


IMGP44260003.jpg
さてこちらは雨露を集めた柿の葉。


いかにも今の季節を感じさせてくれ、庭に出る楽しみのひとつです。


そうそう、レンズを通してこれらを見ることの楽しみも覚えてしまったので、今年は忙しい~~ 

この記事のURL | 日々の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
狂い咲き?
- 2007/06/16(Sat) -

IMGP44190025.jpg
庭の藤が再び花をつけております~~


たくさんではありませんが、それでも数本、キチンと藤の花でしょう?当たり前か?


IMGP44180024.jpg
ちょっと華やかさが少ない咲き方ですが、まあ良しとしましょう。なんたって季節外れの二度咲きですから・・・


この所、忙しいのとあるモノ?にハマッテいるのとで写真を撮る暇がありません~~


なので、身近にある花でごまかしております~~


明日はカメラと外遊びしたいなあ~~

この記事のURL | 日々の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
梅雨入り
- 2007/06/14(Thu) -

例年より9日、去年より5日送れて四国地方の梅雨入り宣言が13日に出されました。


やれやれ、待ちかねたけどやっと梅雨か~~


今年はダムの渇水も早い時期から話題になっていたので、あまり歓迎できない梅雨ではあるけれどある意味ほっとした部分もあります。


IMGP44080015.jpg
この時期定番のアジサイをまず・・・


IMGP44100017.jpg
ずっと白だと思ってきたけれど、こうしてみるとかなり黄色ですねえ?


IMGP44040011.jpg
こちらは今年購入したアジサイ、鉢植えなので今は室内ですが、もう少ししたら庭に降ろしてやろうかと・・・ 


IMGP44000008.jpg


隣り合わせに色違いで咲いてくれたら・・・


それは来年の楽しみに・・・

この記事のURL | 花のある風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ざ・べんち
- 2007/06/13(Wed) -

IMGP42770014.jpg
お天気がいいのに人通りのない公園・・・


誰を待つのか、ベンチがひとつ・・・


IMGP42880025.jpg
待ち人来たらず・・・ふふ、ずい分と懐かしいフレーズですこと?


IMGP42860023.jpg
できれば、幸せなカップルに座って欲しいものです・・・

この記事のURL | 日々の時間 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。