スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海に還ろう・・・
- 2007/09/30(Sun) -

         IMGP12240027.jpg
ここは徳島市末広町、吉野川が海と出会う所です。


川幅はかなり広がっており、この川をまたいで末広大橋が架かっている。


IMGP12000004.jpg
レジャーボートがガンガン飛ばしたり・・・


IMGP12030007.jpg

これはどう見ても漁船ですねえ?


IMGP12150019.jpg
ああ~~、はるかかなたから、オーシャン東急フェリーが入港しましたよ。


この船は東京~徳島~鹿児島間を繋いで就航している?ハズですが・・・


最近乗らないからなあ・・・・


         IMGP12060010.jpg


で、この日の私は、と言えば、この河口の港近くのスローフードレストランの
川に面したガーデンテラスで・・・河口と海を眺めながら・・・


IMGP12100014.jpg
デザートのマンゴームースなどを・・・ね


おいしゅうございました・・・なんちゃって・・・

スポンサーサイト
この記事のURL | 日々の時間 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コスモス
- 2007/09/29(Sat) -

日暮れ近くに車を走らせていて好きな色のコスモスに出会いました。


やはりピンク系のコスモスが好きです。


最近目にするのはオレンジ系ばかりでしたから・・・


IMGP12440042.jpg
いかにもコスモスらしい色・・・


IMGP12490045.jpg
幼虫さんのお食事中・・・


夕刻が迫っていたので急いでシャッターを押したらば、
やはり、ブレブレを増産してしまった。


他のは全滅でした~~


明日、リベンジ、にいかなくちゃ・・・


 

この記事のURL | 日々の時間 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ネタ切れの日
- 2007/09/28(Fri) -

IMGP11730002.jpg
なんのヒネリもありません・・・


ネタ切れです~~


仕方ないのでチョウチョさん、助けてチョウ・・・


ちと苦しいか?・・・・


IMGP11720001.jpg
あ~~あ、逃げられてしまいました・・・


ではまた明日・・・

この記事のURL | 日々の時間 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
モスフォレスト
- 2007/09/27(Thu) -

屋久島とよく似た風景がここ大台ケ原にはありました。


降雨量の多さにより原生林や苔(モス)の多い林が形成され、鬱蒼とした神秘的な風景を見せてくれます。


P10507480154.jpg
辺りの音がすべてこの苔に吸い取られていくような錯覚が・・・


P10507220128.jpg
ここでは苔たちが主役?と言っても良いくらい・・・


P10507340140.jpg
ほら、苔の花だって十分主役を張れるくらいの存在感アリでしょ?


P10507230129.jpg
こちらはキノコさん・・・


P10507250131.jpg
この色合いもなかなかのもので・・・


P10506590065.jpg
出たあ~~クマさん~~!!


頭でっかちの熊さんの後ろ姿?に見えなくもない?・・・・・


ゆっくり、静かに、苔や原生林と対峙できるモスフォレスト・・・
いつまでもこの姿を失わずに・・・と願うばかりです・・・


 

この記事のURL | 山の風景 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
大台ケ原
- 2007/09/26(Wed) -

肝心の大台ケ原のご案内がすっかり後回しになりましたが・・・


P10506060012.jpg
ビジターセンター横の登山口から40分ほど、緩い上りの山道を歩くと、
そこはもう1694.9mの日出ケ岳山頂(日本百名山)です。


お手軽に山頂を極められる所は剣山と同じくらい?
ファミリーやカップルと言ったほとんど観光?な人たちが多いのも頷けるところ・・・


P10506160022.jpg
それでも目にする景色はどちらを向いても見晴るかすイトザサの絨毯と苔むした樹の株。
年間の降雨量が5000ミリとも言われ、屋久島と並ぶ原生林を形成しています。


P10506210027.jpg
山頂からの展望は360度、大峰山系の眺望が開けます。
はるか富士山も見えるときがあるそうな?


P10506300036.jpg
山頂から正木が原への下り道は木道が整備されていて歩きよい。


 


P10506450051.jpg
正木が原一帯は倒れたり立ち枯れしたトウヒの平原となっており、白骨林の独特な風景を形作っている。


P10507110117.jpg
言い伝えのある牛石を配したここはその名も牛石が原。


霧が出ると幻想的だといいます。う~~ん、それもみてみたいなあ。


P10506790085.jpg
ここは大蛇グラと言って、晴れていたらオススメのヴューポイントなのですが、あいにくのガスで眺望は無しでした。


この岩の先端はまっ逆さまに切れ落ちていていかにも大蛇の頭に乗っかって下を見下ろしているような感じが味わえるのですよ・・・チト怖いけど・・・


P10506810087.jpg
右手にある絶壁はこんな具合・・・紅葉の頃はいいでしょうね?


サテここからは、来た道を逆に戻ります。そのまま行けばシャクナゲやオオヤマレンゲに出会えるシオカラ谷への道ですが、今はおそらく何も無い?だろうと思うので、尾鷲辻から駐車場への楽な遊歩道の景観を楽しみつつ・・・


P10507390145.jpg
おかげで、この道の脇でトリカブトの花にも出会えたしね。


写真も充分撮って、のんびりゆっくり歩いて3時間ちょっとですから、ここはオススメのハイキングコースではないかと?・・・


今度は早めの予約をして西大台も歩いてみたくなりました・・・

この記事のURL | 山の風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大台のシカ
- 2007/09/25(Tue) -

P10506660072.jpg
シカさんはっけ~~ん。あたり一面笹原が広がるここは牛石ガ原というところ・・・


ここ大台ケ原のシカはごらんのように首輪をつけて管理されています。


保護のため?それが、残念な事に頭数管理のため?なんだそうです。


昔はこの付近の笹はほとんど1メートルくらいまで成長して深い笹原だったのが
シカの食害によって笹の身の丈は30センチ程度にまで低くなってしまったのだそうです。


このまま進めば笹原が消滅してしまう恐れもあるための措置なんだとか・・・


P10506110017.jpg

見た目には見渡す限りの笹が絨毯を敷き詰めたみたいにビッシリと生い茂っているのですが、
これがもともとは深さ1メートルもの笹原だったと聞くとやはりこの現状に危機感を覚えない訳には行きません。


動物にも植物にもどちらにも良い環境と言うのは難しいものです。


とは言え、ここのシカさんたちは人に慣れているのか、結構近くまで寄って来て悠々と笹を食べ
私達の目を楽しませてくれます。


P10506950101.jpg
お食事中のシカさんを見つけて、ズームで寄せると・・・


P10507020108.jpg
こーだったり・・・


P10506990105.jpg
こんな顔したり・・・


P10507050111.jpg
こーなったり、とにかくず~~っと食べ続け、なのですよ。


はあ~やっぱり笹が減るはずだわ~


それにしても、シカってこんな食べ方するのかあ?って、モニター見ながらひとりゲラゲラ笑ってしまいました。


シカの顔でこんなに笑えるとはねえ?おかげで10枚以上もシカのお食事風景を撮ってしまった。


<人の顔で遊ぶなよ>って、シカさんに怒られそう~~


何だかこの19番のシカ君、お他人様とは思えないんだよね。家族みたいな気がしてきたよ・・・


しっかり食べてしっかり生きなよ!!ってエールを送りたくなるような愉快なヤツ!!でした。


 



この記事のURL | 山の風景 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
トリカブト
- 2007/09/24(Mon) -

三連休の中日、奈良県大台ケ原を日帰りで歩いてきました。


今年の日本列島は彼岸だと言うのにまだ各地とも夏を引き摺っており、
秋はまだ遠しと言う感がありますが、ご多分に漏れずここ大台ケ原も
紅葉にはまだまだ、日中の日差しは真夏のそれでありました。


それでも、9月の花トリカブトをめっけ~~


たった2株ですが・・・


P10507410147.jpg
その一株目は、日出が岳~正木が原~牛千石原と歩き、大蛇グラを見て元来た道を引き返し、
尾鷲辻から駐車場に戻るなだらかな遊歩道の脇に、かろうじて一輪・・・


花も株も傷んでおり、決して良い状態とは言えませんが、今年始めてのトリカブトさんとの出会いですから、
あまり贅沢は言えないでしょう。


驚いた事に、この花はキンポウゲ科に属しているそうで、キレンゲショウマやレンゲショウマともお仲間なんだとか?


どうりで、葉の感じがすごく似ているんですよね?


P10507540158.jpg
こちらの株は、駐車場に戻り付いてから建物の脇に咲いているのを見つけました。


ここも一株だけで、しかも株自体は傷んでおり葉っぱも終わりかけている?


しかし貴重な出会いですから写真はちゃんと撮らせていただきましたよ。


こちらの花は、ホントに兵隊さんが兜をかぶってイザ出陣~~の顔に見えませんか?


花の少ないこの時期ですから、たったこれだけでも良かったとしなければね?・・・

この記事のURL | 山の風景 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
鶏頭
- 2007/09/22(Sat) -

いかにもトリ頭?の花に出会いました~~


IMGP11530005.jpg
これこそ鶏頭!!と言った風情でございます~~


ニワトリさんも真っ青、いや、真っ赤?なのか?


IMGP11300001.jpg
ちなみに、我家の鶏頭は・・・こうだったり・・・


IMGP11320003.jpg
こんなだったり・・・


IMGP11330004.jpg
ちょっとおとなし目で、やや?迫力負けの感もありますが・・・


でも、去年お隣の庭のこの鶏頭にほれ込んで、今年その苗を分けてもらったこの花・・・


も少し秋口になると、そりゃあもう、篝火が明々と燃え立つように、もっと迫力を増す・・・はず・・ですが・・・


乞う、ご期待!!ってとこでしょうか・・・

この記事のURL | 日々の時間 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
彼岸
- 2007/09/21(Fri) -

暑さ寒さも彼岸まで・・・って、どこの国の格言なのでしょう?


黙って座れば汗がブワ~~ッと吹き出す彼岸って・・・


ラニーニャだか何だか知らないけれど、地球はかなりヤバイ状況?なんでしょうね。


日本独特の四季という季節の捉え方はもうなくなってしまうのかも?


IMGP11210010.jpg
定番のお墓参りの帰りに見つけたコスモス・・・


今年は何故か黄色ばかりが目に付きます。


ピンクを探すのだけれどまだ出会っていません・・・


IMGP11250014.jpg
黄色もそれなりに・・・いいのですが、ピンク系に会いたいよ~~


IMGP11290018.jpg
驚いた事に、カメラのモニターで見たときは背景はブルーの青空だったのに、PCに取り込んだらこんな色になってしまって・・・


フォトツールの個性なのでしょうか?でもこれって、困ったわねえ?・・・

この記事のURL | 日々の時間 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
パンパスと・・・
- 2007/09/19(Wed) -

IMGP11030012.jpg
日本のススキと違ってさすがに外来種は、大きくてフサフサしていてゴージャス?だと思いませんか?


まるで馬の尻尾?みたい・・・


ところで、この紫の花を皆さんは何と呼ぶでしょうか?


メキシカンセージ?アメリカンセージ?


私はアメリカン・・・で覚えているのですが、たいがいの人はメキシカン・・・と言います・・・


ネットで見ても呼び方は二つあるのです。


どうみても同じ花のことを指している様に思えるのだけど・・・


IMGP11060015.jpg
ここは自宅近くにあるビジネスホテルの前庭・・・


毎年この季節になるとパンパスとセージの饗宴が楽しめる・・・


        IMGP11090018.jpg


季節に一度は、必ず訪れたくなる場所です・・・

この記事のURL | 花のある風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。