スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
葛城山・奈良
- 2010/05/27(Thu) -
奈良県御所市にある葛城山は、燃えるような真っ赤な
ツツジの群生で有名な山だと聞いていました。

IMGP7341.jpg

一度実物を見たいものだと思っていましたら
今年その機会が巡ってきまして、5月15日(土)
日帰りバスの旅で行ってきた・・・
”葛城高原ツツジハイキング”

IMGP7351.jpg

とまあ、だいぶ前のネタを引っ張り出してきましたが
すっかり忘れてたもので、5月のネタは5月のうちに・・・
出さなきゃまずいだろう?と気付きまして、慌てて持ち出した・・・
下書きしたまま放置してたので、ネタが寝ていた??なんちって~~

IMGP7350.jpg

関西圏の人にとっては手近な観光地と言うことで、この時期は
たくさんの人が訪れ、ロープウエイが1~2時間待ちなんて
ザラ、なんだとか・・・

IMGP7355.jpg

そのロープウエイに乗って、山上駅からは少し歩いて
視界が開けたとたんにパア~~ッと真っ赤な光景が
広がります。見事なツツジの群生・・・

ポスターで見た通りの景色がそこにありました。

IMGP7366.jpg

何でも、ここを最初に発見した人が
山火事だ・・・大変だ・・・ってんで通報したとか言う
ウソのような話も残っています。

昭和40年代、それまでこの地を覆っていたススキが
一せいに枯れてしまったおかげで、このツツジたちが
ここまで大繁殖を果たせたのだそうです。

IMGP7364.jpg

何がどう幸いするかわからない、自然の力って
不思議ですねえ??

お天気に恵まれて、ツツジの下でのんびり寛いだり
昼寝をしたり、飲んだり食べたり、皆思い思いのやり方で
時間を過ごします。

IMGP7371.jpg

念願の風景に出会えて感激、納得の一日となりました。

IMGP7374.jpg
こちらはゆるキャラの一人で、せんとくんの彼女??だったかな??


ハイキング??ですから下りは自由行動で、もちろん
新緑の中を歩いて下ります。

かなりの急坂で、上りは相当きつかったと思われますが
下りは一気に下りて50分、今度は全コース歩き通したい
ものだわ~~

IMGP7377.jpg

夏の高山植物も、秋の紅葉も、冬の樹氷も見たい~~
ここは手軽に四季をすべて感じられる、格好の
場所でありました~~
スポンサーサイト
この記事のURL | 花のある風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
母衣幕露滝
- 2010/05/26(Wed) -
このタイトル、何て読むか分かりますか??
これで”ぼろぼろだき”美郷の奥にあります。

IMGP1887.jpg

我が家から近い?ハズなのですが(同じ吉野川市ですから)
なかなか行けない、てかそこまでの道が未知の山道?で
地元の人もあまり通らないマイナーな道なのです。

IMGP1857.jpg

いつかは行ってみたい、と思い続けておりましたが
やっとチャンスが・・・

IMGP1862.jpg

ある日地図を見ていて気が付いた、ここって船窪のオンツツジの道を
そのまま進んだら行き着くじゃん??

IMGP1876.jpg

で、先日早速やってみた・・・
船窪から引き返さずにそのまま進入・・・

ありましたよ~~(当たり前だけど・・・)
残念ながら一眼の調子が悪く、ここから画像が真っ黒け??になり
急遽コンデジに変更で写真はあまり撮れなかったけど・・・

IMGP1897.jpg

ともかく、永らく引き摺っていた気がかり事項?を
解決できて、滝まで行き着けたのですから満足満足~~

IMGP1900.jpg

帰りはその道を美郷まで走ります。
簡易舗装の道ですが、それでも舗装があるのはありがたい。
ヒメシャガや野草を写しながらウネウネと山道を走り
やっと美郷の集落に辿り着きました。

IMGP1909_20100526104300.jpg

あ、自分ではこの道、かなりな冒険?だったと思います。
二度目は??たぶん行かない??かなあ??
この記事のURL | とくしま再発見 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オンツツジの船窪~高越山
- 2010/05/22(Sat) -
明日は雨の予報なので、今日のうちに行っておこうかと・・
灯台元暗しで、5~6年はご無沙汰している高越山へ。

IMGP7458.jpg

頃はよし!!船窪のオンツツジもきっと見頃でしょうと・・
思ったのは良かったのですが・・・

IMGP7475.jpg

寝過ごしまして・・・ハイ、
どうしよう?まともに歩いたら高越山までの上りが
ほぼ3時間、更に船窪までが1時間だから、
往復だと7時間の行程になりますよ。

IMGP7474.jpg

そこで、悪知恵?働かせまして、反対に船窪から
高越山までをピストンする超ショートカットコースを
歩くことに・・へへ・・

IMGP7502.jpg

船窪の駐車場をのんびり11時過ぎにスタートして、
立石峠、高越寺駐車場を経て高越山1122mの
山頂に立ったのでした~~

IMGP7515.jpg

高越山~船窪間は、初めての道でして、山道でなく
車の道を歩くのだとは知らなんだ~~

IMGP7512.jpg

車道と山の道を歩き継いでほぼ1時間、見慣れた高越寺の
山門が見えた時はそれでもホッとしましたねえ。

IMGP7526.jpg

青空が見えたり曇ったりの落ち着かない空模様でしたが
幸い降られることもなく船窪ツツジ園まで戻り、園内を
じっくり散策して満足の行程となりました。

IMGP7556.jpg

楽して山気分を味わえる、いいコースです~~
寝過ごした時には是非どうぞ、って、
そんなことするの、私だけか??

IMGP7542.jpg
この記事のURL | 花のある風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雲早~高丸縦走路のアケボノ
- 2010/05/17(Mon) -
アケボノ探訪もそろそろ終盤??でしょうか?

DSCF9028.jpg

雲早から高丸へのコースは前から一度歩きたいと思っていました。
季節ごとの花も見られ、変化のある縦走コースだと聞いていましたから。
もちろん、アケボノも咲いてる??

DSCF9045.jpg

四季美谷温泉の山ツアーで春と秋にこのコースを
歩くことを知って、是非に参加をと思いながらも
去年の春は天候に阻まれ、秋は予定が入ったので行けず
未消化な思いを募らせていたのですが、
やっと”その時”が来ましたよ。新聞見て即申し込み、です。
 
DSCF9039.jpg

人気のコース?だと言うことで、総勢35名で歩きます。
なんと、先週の天神丸の倍だわ~~

DSCF9031.jpg

5月9日(日)雲早の登山口で体操と自己紹介の後9:15の出発。
55分ほどで尾根に到達。まずは雲早の山頂を踏むため
進路を右へ・・・

DSCF9042.jpg

10:25山頂到着の後は休憩と集合写真をすませて
いよいよ縦走コースの始まりです。

DSCF9055.jpg

さすがにアップダウンの繰り返し・・・
1時間あまり歩いて、三分の一ぐらい縦走路を
こなしたあたりで昼食11:40

DSCF9052.jpg

食べながら向かいを見ると山腹にはアケボノがその
明るいピンクを煌めかせている。

DSCF9066.jpg

多分縦走路の半分のあたりの1334mのピーク
付近でしょうね??早くあそこに行きたい~~
期待は高まりますよ~~

DSCF9076.jpg

ピーク付近は結構傾斜がありましたが、次々に目の前に
現れるアケボノに感嘆しているうちに
何となく越えてしまった。

DSCF9105.jpg

そして最後の、高丸山手前の上りにさしかかります。
この最後が結構キツイ、とのことで覚悟して臨みました。

DSCF9115.jpg

たしかに、そろそろ筋肉疲労も出る頃で、その身体にこの
上りはちょっとね??
でも、自然は粋な計らいをしてくれますね~~
高丸山直下にはまたアケボノの群生ですよ。

DSCF9085.jpg


おお~~、また出た~~アケボノ、とか叫びながら
なんとか高丸山到着、14:46

DSCF9124.jpg

参加の皆さんとワイワイ語らいながら楽しく歩かせて
もらいました。
念願のコースを歩けて、しかも思ったよりも苦しくなく
冗談言いつつ越えられたのがひじょーに良かった~~

DSCF9131.jpg

これなら秋の紅葉も見に来られるかな??
また一つ、楽しみの予定が増えてしまった??
この記事のURL | 花のある風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アケボノ第4弾!!天神丸にて
- 2010/05/12(Wed) -
5月2日の四季美谷温泉の山ツアーは、天神丸登山と、
クマガイソウを見に行くとありました。

・・・見たい・・・でも、連日の山で歩けるだろうか
との心配もあり申し込んでなかったのですが
う~~ん、やっぱり見たい方が勝って前日の夜に
駆け込みで申し込んでしまった。

IMGP7041.jpg

バスに乗り込み、天神丸に向かう前にクマガイソウ群生のある
お宅の裏山に向かいます。

IMGP7029.jpg

不思議な花です、クマガイソウ。
前に礼文島で見たアツモリソウの仲間だそうで、
確かによく似た雰囲気・・・

花の表情が人の顔に見えるのも面白い・・・

IMGP7026.jpg

ヤマシャクヤクやエビネランに混じって、かなりたくさん
の株が斜面一帯に花をつけています。

これを見ただけでも今日来た甲斐があったというものだわ~~

IMGP7064.jpg
コガラ


本日の山は、初級と言うことで天神丸に登って日奈田峠まで
の縦走ですが、初めはそりゃ良かったですよ・・・上りは
短いし、あまり急登ではないし・・・

IMGP7073.jpg

ところが、あ、あそこにバスが
待ってるわ~~と言うあたりからが凄かった・・・

IMGP7067.jpg
この山の木々の芽吹きはまだまだみたい


赤のテープ目印はないし、踏み後も分からないし、方向間違えたら
崖っぷちに出るし、戻ろうとしたら土が柔らかくて足を
踏み止められなくて土ごと滑り落ちるし・・・

やっとの思いでバスまで辿り着いたのでした。

IMGP7075.jpg
日奈田峠の山桜


後は峠の山桜の花盛りを満喫して、アケボノ探しをしながら
スーパー林道をあちこち止まって寄り道したり記念写真撮ったりの
大人の遠足状態??

IMGP7080.jpg

温泉まで帰ったら支配人、涼しい顔して
”お帰りなさい~~今日の超入門コース、どうでした??”
と来たもんだ~~

IMGP7107.jpg

さては、たくらんだな??

IMGP7113.jpg

ともあれ、面白い一日でありました。

IMGP7120.jpg

今日のアケボノも青空とセットでご機嫌な景色!!
今年4回目のアケボノは、これまた素敵な表情でした~~
この記事のURL | 花のある風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ふたたびの・・薬研谷
- 2010/05/11(Tue) -
今回(3回目)のアケボノ探しは、またまた薬研谷ネタですが・・・

IMGP6963.jpg
山の子さんお薦めの絶景ビューポイントからの遠望


GW初日の5/1、上勝町在住の正真正銘の”山の子”さん
のガイドでアケボノ満開の薬研谷を歩きました。

IMGP6968.jpg

出発点は同じ柴小屋駐車場ですが、今回は途中から
四国の道(大川原高原に向かう道)を経由して
谷の最下部を目指し、向かいの岩壁といつものお立ち台の
岩壁の両方に上ります。

IMGP6976.jpg
谷の最下部から見上げるアケボノ


前回来た時は、お立ち台の岩の上でアケボノを眺めてから
そのまま引き返したのですが、今回はくまなく歩いて薬研谷のよさを
余さず見せてもらった感じ・・・

IMGP6999.jpg
いつもこの岩の上から見下ろすだけだった・・・


谷から見上げる双方の大岩はやや違った印象でどちらも
絵になる風景です。

IMGP6981.jpg


意外だったのは、いつも自分が立つ大岩を対岸から見たら
そこには素晴らしいパノラマが広がっていたこと・・・

IMGP7006.jpg

だって自分の足元は覗き込むくらいしか出来ませんから
どうなっているのか今まで分からなかった~~

IMGP7015.jpg
いつも見るのはこの風景

目からウロコ??でした~~
自分の足元の方がいいじゃん??

IMGP1803.jpg

いろんなポイントからアケボノを遠望、または近くでと
楽しませてもらいましたよ~~

IMGP7016.jpg

山の子さん、ボランティアガイド有り難う!!
また、よろしくです~~

IMGP1808.jpg
アワコバイモ?

帰りは四国の道を引き返したのですが、多様な種類の花が
次々と現れて目を楽しませてくれます。

IMGP1804.jpg
ヒカゲツツジ

よく目を凝らさなければ見えないような小さな花も、
比較的よく知られている花もとりまぜて色々・・・

IMGP1810.jpg
ヤマルリソウ

ここには希少種があるとかで、つい先日研究者の人たちが
この辺りの調査に訪れていたらしいです。

IMGP1817.jpg

薬研谷、楽しめる場所でありました~~

この記事のURL | 花のある風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
工石山にアケボノを求めて~~
- 2010/05/10(Mon) -
中津峰で出会った、アケボノを熱く語る登山者からの情報で、
アケボノは高知の篠山とか工石山から
咲き始めるんだよ~~と、聞かされまして、
ふむ~~それは是非、見たいもんだわね~~と
思いまして・・・

IMGP6629.jpg

今年の春はアケボノを追いかけてみようかと・・・

IMGP6720.jpg

で、たまたま仕事が外れた去る4/28水曜日、
アケボノ探して工石山(高知県)へ行ってみた。

かなり過去のお話?になりましたが、お付き合い宜しくです~~

IMGP6569.jpg
この色は多分ミツバツツジ??


高速で大豊まで、後はナビさんの言うとおりに走って
工石山青少年の家まで。
IMGP6590.jpg
屏風岩


”高知県の山”の本の情報どおりに南回りから屏風岩、
サイの河原を過ぎ、桜岩園経由で工石山山頂へ。

IMGP6560.jpg
この黄色い蝶?みたいのはリョウブの新芽??

そこから、北の頂へもやはり迂回路を通ってのんびり歩き
下山路は檜の風倒根や八起白鷲岩を眺めて杖塚まで戻る
周回で、ガイド本では2時間35分くらいの素敵な散歩コースを
写真撮ったり花を見たりで1時間以上もオーバーして
ゆっくりと楽しみました。
 
IMGP6662.jpg

山のガイド本には、ミツバツツジやシャクナゲがきれいと
あるものの、アケボノについては一言も触れてなかったので
半信半疑??でしたが、サイの河原を過ぎてシャクナゲの
群生が現れた辺りから、登山道の所々にアケボノのピンクの
塊りが見え始め、あっちにも、お、こっちにも、という
嬉しい登山路となりました。

IMGP6666.jpg

お決まりの青空にアケボノ、もきっちりと写せたし、
平日とて人も少なく、お山はほぼ貸し切り状態??
で、何よりここがいいのはアケボノが登山路の脇に
次々に現れること。

IMGP6672.jpg

工石山、傾斜もキツくないし散策気分で登れて
見所もたくさんと言うまことに結構な山でありました。

IMGP6701.jpg
風倒根

シャクナゲの木がかなりたくさんあるので、またその
花の時期にも訪れたいものです~~

IMGP6709.jpg
八起白鷲岩からの眺め

アケボノ探し第二弾も、素敵な青空に恵まれて
満足の一日でありました~~

しかも驚いたことに、このシリーズ??まだまだ続く・・・のですよ。
乞う、ご期待!!ってことで~~
この記事のURL | 山の風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ミステリー??体験
- 2010/05/08(Sat) -
5/5の記事をアップした時に途中から
何度やってもその先が書けずに全部消えて元の場所に
戻ってくると言う珍事があったのですが・・・・

実は同じことが4/17の記事にも起こっていました。

どちらも写真を何枚も貼り付けすぎて重たくなったせいかな??と
単純に考えていたのですが、不思議なことに気が付いて・・・

4/17に貼り付けてその先の記事が書けなかった最後の写真がこちら、4/7撮影の桜の巨樹
IMGP5989.jpg


・・・で・・・5/5に貼り付けようとした写真が、こちら
IMGP7314.jpg
・・・これ、同じ吉良のエドヒガンザクラ・・・なのですよ。

あ、取りあえず今日はどちらも写真アップできたから何も不思議は無いのか??

単なる偶然と言ってしまえばオシマイですが、4/7に私、冗談にも
これは桜の魔力によるものか??何て書いてるものだから
妙に気になりだして自分ひとりでゾクッと来たりして・・・ました。

そうですよね??こんなに美しい樹におかしなものがとりつく訳ないか??

しかも人一倍鈍感体質の私にそんな事が起こるはずないよね~~


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

あわわわわ・・・・・何これ??今ここでまさに同じ状態で全部消えた~~
今回は下書きに残ってたのでこれだけでアップします・・・

なんか変~~おかしい~~気味悪い~~
この記事のURL | 今日のトピックス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
巨樹の国・つるぎ町
- 2010/05/05(Wed) -
GWもあっという間に終わってしまった・・・
あとは変わらぬ日々の暮らしが待つだけかぁ・・・

祭り??(GW)の最終日は西向いて車を走らせました。

貞光から南へ・・・いつもだと見の越までわき目も振らずに
走って山に行くのですが今日はちと違う~~

この途中の道を楽しんでみようかと・・・

端山の手前で山側に左折してどんどん登っていくと

IMGP7142.jpg


こんなお堂が現れる・・・山の中一帯にたくさんのお堂が点在していて
番号も打たれてお堂巡りが出来る??みたい。
ちなみにここは捨子堂(すっこどう)

IMGP7152.jpg
十八番中山堂

IMGP7163.jpg
驚くのは、かなりの高度まで山道を上がってきているのにどこまでも
道があり、道あるところに集落があること・・・

IMGP7166.jpg
広谷道の前の巨木・・・ご神木??

IMGP7189.jpg
この風景は日本人のココロのふるさと??

IMGP7203.jpg
西福寺前の峯の堂にはかなり古い木彫の阿弥陀様の坐像が祀られています。

IMGP7217.jpg
川見堂では夏に踊り念仏の行事があるそうな・・・

IMGP7237.jpg
どこまでも人々は耕して天に至る・・・

IMGP7243.jpg
集落がそのまま絵になる・・・

IMGP7259.jpg
IMGP7265.jpg
IMGP7273.jpg
鳴滝で遊んで・・・

・・・今日はこの後のブログが続けられません~~
何度書いても、文も写真も消えてしまってこの場所に戻ってくる・・・

なので、本日はここまで??ということかな??

最近こんな事ばかり・・・このブログ・・・おかしい??・・
この記事のURL | とくしま再発見 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。