スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大川原高原~旭が丸1020m
- 2010/06/27(Sun) -
昨日(土)は夜半まで土砂降りが続いたので
今日の山行きを中止したのですが・・・

IMGP8513.jpg
           ・・・徳島市のお隣なのに境界越えたら早速こんな風景が・・・川霧??



朝6時前の空を見たら、ナント晴れでないの??

IMGP8531.jpg
        ・・・しつこいですが、これでも徳島市激近!!です


でも、時すでに遅し、ですよ。
あ~あ、予報の曇りを信じて強行するべき
だったか??


_DSC0043.jpg
      ・・・アジサイは、三分??咲き??くらいかな??


まあ、嘆いても仕方ありません~~
なので、大川原高原までアジサイの様子を
見に行くことに・・・だって先週は蕾固し、だったから・・・

IMGP8555.jpg
      ・・・放牧された牛さんたち


ついでに旭が丸1020mもお初のお目見えしよう
かなと、欲張ったのはいいけれど
出足がもたつき高原に付いたら、あっら~~12時だわ~~

IMGP8596.jpg
          ・・・標識はあるものの、展望もなく拍子抜けの山頂


と言うことで、それから3時前までアジサイを撮ったり
高原で牛さん見たり、風車を見たり、道に迷ったり
(だってほとんど標識無い)一汗も二汗もかいて
まあ何とか欲求不満も解消してやおらの帰宅でした。


IMGP8574_20100627213001.jpg

今週のアジサイは花がチラホラ??
満開はまだもう少し先と見えます・・・


IMGP8611.jpg

3度目の正直??をするべきか??
う~~ん、大問題ですなあ??
スポンサーサイト
この記事のURL | 四季 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
あめあめふれふれ・・・
- 2010/06/26(Sat) -
週末は見事なまでの完全雨!!

ややもすると、豪雨災害が起こってもおかしくないような
土砂降りが続いております。

おかげで明日の山予定は思い残すことも無いほどに
スッパリと中止!!ですよ。
却って清々しいくらいだわ~~(棒読み・・・)

剣山の西の尾根(高ノ瀬辺り)に自生する
オオヤマレンゲを見に行く予定だったのですが・・・
あ~今年はもうお目にかかれないかも知れない・・・

先週のアジサイと言い、今週と言い、残念が続きます。

仕方がないから・・・花の代わりに・・・猫などで・・・

IMGP8449.jpg

つい先日、我が家の近くの里山の公園で出会った猫さん、美猫でしょ??
公園に住み着いたアウトドア派の風来猫??です。

兄弟に目の色が左右逆の子もいまして、母とともに
数匹がここで暮らしているみたい・・・

しばしカメラ持って追っかけしましたがなかなか撮らしてくれず
やっとこの一枚ゲットでした。

IMGP8506.jpg
こちらは友人宅の隣家の猫さん、本日の作でした~~
この記事のURL | 日々の時間 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大川原高原にて
- 2010/06/21(Mon) -
梅雨真っ盛りのお天気でで、さすがに山を歩くのは
どうかな??と、おとなしく下界での週末となりました。

IMGP8366.jpg

徳島の奥座敷に佐那河内村と言う所がありまして、
数年前の7月に訪れた時は素晴らしいアジサイの
斜面が出迎えてくれたのを思い出し、走ってみた・・・

IMGP8369.jpg

残念ながら、まだ時期的に早すぎたらしく蕾固しの状態で
この分だと開花は1~2週間先??ぐらいでしょうか?

IMGP8363.jpg

3年前と大きく変わったのは、この風車!!
高原の名物”一軒茶屋”の真正面にデン!!と鎮座する姿は
う~~ん、異様??とも思える大きさで、折からの雨と風を受けて
ブンブン回っておりました。

IMGP8365.jpg

山肌に、全部で10基くらいの風車は、新たな風物詩?と言えばそうですが
これでどれほどの電力の助けになるのか?本当に必要な施設なのか?
ちと疑問にも思います。

IMGP8367.jpg

ともあれ、この斜面がアジサイ色に染まる頃、もう一度
来ない事には、遣り残しの宿題みたいでどうも気分がすっきりしないので
近いうちに必ず~~と、念じております。

この茶屋のあたりで標高が900m余りと言う事で、
下を見下ろすと見事な雲海が眼下に広がっておりました。

今日は山の雰囲気を身近に感じて、名物のソフトクリームを食べて
満足しての帰宅となりました~~

この記事のURL | お出かけ日和 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
濃郷白山・1617.5m
- 2010/06/17(Thu) -
福井県と岐阜県の県境にある濃郷白山は
加賀白山を開いた泰澄法師によって開山
された山で、ここの祭礼に能楽を奉納したことから
山の名の由来となったのだとか・・・

IMGP8164_20100617111347.jpg

この山を企画した阿南のグループ登山に参加させて
貰って、11日、金曜日夜から走りました。

IMGP8195.jpg

12日(土)は山にはうってつけの良い天気で
朝を迎え、意気揚々と登山口を目指したまでは
良かったけれど・・・

IMGP8171.jpg

道路崩壊により温見峠登山口までは通行不可と言う事で
仕方なく、反対側の濃郷谷登山口から登ることに。

IMGP8191.jpg

最初の計画ならば、往復でも3時間半の山ですから
こりゃ楽勝??とばかり呑気に構えておりましたら
思いもかけない様なすんごい事になりまして・・・

ナント、こちらからは、登山口まで行くのに廃林道歩き
1時間あまり!!ですよ。

IMGP8205.jpg
サラサドウダン

やっと登山口に辿り着いたら、そこから山頂までは
温見峠登山口からの距離のちょうど2倍!!しかも
いきなりの急登の連続と来たもんだ・・・
             
IMGP8222.jpg
             イワカガミ 

それでもまあ、休まず歩けば何時かは着くだろう・・などと
気休め??にも似た気持ちでわが身を奮い立たせまして??
歩くのですが、どこまで行っても山の全容が見えてこない。

IMGP8207.jpg

まさか、この尾根の向こうにもうひと山なんて
出てこないよねえ、などと冗談言いつつその尾根を
よっこらしょと越えたらば、”ええっ~~~”
思わず絶句!!でした。

その尾根続きのはるか彼方に見えるもうひと山の上が
目指す山頂!!ですよ。

IMGP8217.jpg

しかもせっかく稼いだ高度をどんどん下ってその挙げ句に
山頂直下をまた急登・・・

IMGP8226.jpg

6:52に歩き始めてようやく12:04に山頂に
辿り着いたのでした。
ナント、5時間余りもかかってるよ~~

かくして、一生忘れられないほどのインパクトのある山行き
となったのでした。

IMGP8234_20100617121310.jpg

それでも山頂の祠周辺はイワカガミ、コイワカガミ、
カタクリ、ショウジョウバカマ、その他色々の花が
あちこちに見られ、そのおかげ??なのか、辛さは
すっかり忘れてカメラ提げてパチリパチリですよ・・・

IMGP8242.jpg
           コバイケイソウ

もちろん帰り道も凄かった!!切れ込むような急登を
下るのですから緊張の連続。しかもほとんどひと山
上り返しもある・・・

IMGP8257.jpg
              コイワカガミ

最後の仕上げに林道歩きを1時間やって、
4時過ぎに出発点に戻ったら
さすがにホッとしましたねえ。

IMGP8246.jpg
            季節外れ?のカタクリ

忘れられない山となりました。
でも、写真整理をしてみたらほとんど花!

IMGP8260.jpg
                タニウツギ

花の元気を貰って歩き通した山だった~~


この記事のURL | 山の風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
剣山~三嶺縦走
- 2010/06/07(Mon) -
今を去ることウン?十年前の20代の頃、一度だけ
この縦走路を歩いた事があります。

IMGP7920.jpg
・・・左はリフト西島駅、右上は剣山頂上ヒュッテ

長時間の歩きと、車の手配の困難さから
二度と辿ることはないだろうと思っていた道でしたが
ツアー山行の募集がふと目に付いて、思い切って
行ってみた・・・

IMGP7936.jpg
・・・誰も居ない山頂で影絵遊び~~

5日の12時過ぎに自宅を出て送迎車で見の越登山口まで。
夕陽を浴びつつのんびり登って5時前に剣山ヒュッテ着。

IMGP7950.jpg

山頂で夕陽を堪能して太陽が隠れたのを確認して就寝。

IMGP7968.jpg

翌6日も素敵な日の出を拝んでから5時20分過ぎ
縦走開始。

IMGP7996.jpg

爽やかな晴天と涼しい風に助けられ、
次々に現れるミツバツツジやシロヤシオの
花たちに励まされ、快適な山歩きとなりました。

IMGP8016_20100607105941.jpg

アップダウンもさほど大きくはなく、歩き易い
道ではありますが、さすがに7時間以上も歩くと
三嶺直下のキツイ上りは応えましたねえ。

IMGP8050.jpg
・・・三嶺直下の大岩

ほぼ8時間の行程で三嶺のピークを極め、後はタラタラの
下り道・・・と思ったのが甘かった。

IMGP8044.jpg
・・・ミツバツツジのトンネルから三嶺を望む

この下山道、傾斜が急な上に長い・・・眺望もないので
面白くない・・・

IMGP8053.jpg
・・・頂上で無線交信する人

昔は林道を車で20分ほど上がれたのに
名頃に駐車場が出来てから林道は一般車は通行止め
なので、歩く距離が格段に増えている~~

IMGP8065.jpg
・・・三嶺避難小屋と池

山道からやっとの思いで林道まで出たものの、
ここからまだ30分もの林道歩きが待っている・・・

IMGP8069.jpg
・・・・下山路から見納めの山頂をふりかえる・・・

でも、救いの神は?居るものですねえ?
作業トラックで通りかかった地元の人が
”乗せてあげるよ~~”

地獄で仏とはこのことか??
もちろん、ハイ喜んで~~乗せて貰いましたよ。

IMGP8071.jpg

結果、10時間あまりの歩きと10分ほどの
トラック便乗で名頃到着、
縦走はかくして完結したのでありました~~

唐突に思いがけなく実現したプランでしたが
終わりよければすべて良し~~
と言うことで充足感に浸っております~~
この記事のURL | 山の風景 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
弁天山・山開き
- 2010/06/01(Tue) -
徳島県には、日本一の山があるんですが・・・

IMGP7867.jpg

それはナント!!自然の山では日本一低い
標高6.1mの”弁天山”
徳島市方上町にあります。

今日はそこの山開きの日。

IMGP7881.jpg

たまたま写真を写しにに行ったら山開きの神事の
真っ最中だった、のですよ。

道路脇にあるのですが、ちょとよそ見してたら
見逃しそうな普段は地味~~なお山です。

IMGP7896.jpg

今日は市長さんやら議員さん、地元の幼・保・小学校
の生徒さんやら数々の来賓の方を迎えて盛大に
神主さんがお祓いをしております。

IMGP7873.jpg

”弁天山音頭”の唄と踊りが披露され、保育園児のお遊戯も
あったり、テープカットもあったり、それはそれは本格的!

IMGP7892.jpg

ほぼ初めから終わりまで式典参加の上、お祓いもして頂き
山頂にも登って、登頂証明書とともに祝いのお餅まで
もらって、ホクホクのご帰還です。

IMGP7879.jpg

しっかり産直市で野菜の仕入れも出来たし、
もう言うこと無し!!

で、肝心の写真は??

う~~ん、あまり傑作とは言い難い??
まあ、それは毎度??のことですから・・・

IMGP7904.jpg

大変楽しめた、サプライズ山開き、でありました~~


この記事のURL | 今日のトピックス | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。