スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
黒部へ
- 2007/05/02(Wed) -

立山室堂からはトロリーバスに乗って大観峰まで、まさに立山の山の中を潜り抜けます。車中は当然の事ながらトンネルのため展望はありません。暗い中をバスはひた走る。


排気ガスを出さないから(電気?)空気や環境に良いのだろうなあ、とか、これを建設するのは大変だったろうなあとかボンヤリ考えていたら、大観峰に到着です。


IMGP36230071.jpg
目の前にそびえる後立山連峰。黒部湖もはるか下に望めます。


五竜、唐松、白馬などと言う名だたる山々が連なっている。


IMGP36540102.jpg
これからの季節、たくさんの山人を迎え入れることになるのでしょう。


IMGP36620110.jpg
この辺りにも春スキーを楽しんだ足跡が・・・


IMGP36440092.jpg  IMGP36420090.jpg  IMGP36460094.jpg
ここからはロープウエイに乗り換えて1.7キロ下の黒部平まで下ります。景観保護のためこの区間には一本の支柱も使っていないのだとか。上右端は乗っているゴンドラの陰が雪に映った所・・


IMGP36640112.jpg
あの真ん中のロープウエイの駅からこの景色の中を7分で降りてきました。


IMGP36740122.jpg   IMGP36780126.jpg  IMGP36800128.jpg


ここから黒部湖まではケーブルカーで5分0.8キロメートルなのですが、珍しいことにこのケーブルは日本で唯一全線地下式になっています。


IMGP36860134.jpg
着いた所は黒部湖。今年は水量が少なく水の色もかなり濁っています。


IMGP36940142.jpg
そのせいで、この時期の黒部ダム放水は残念ながら見られませんでした。


このダムの上を徒歩で15分ほど散策の後、黒部ダム駅からまたトロリーバスで扇沢まで移動して、無事お出迎えのツアーバスとの再開です。


立山から6つの乗り物を乗り継いでのアルペンルートの旅は、壮大な景観とこれを創造した人類の叡智を改めて胸に焼き付ける、印象に残る旅となりました。


出来れば紅葉の頃にもう一度・・・


 

この記事のURL | 旅の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<白川郷合掌村 | メイン | 雪の立山>>
コメント
--
 今晩は・・
雪の立山 凄いですね・・ 私はこんな風景未だ見た事が有りません
富山に仕事で行った時に 街中から見た位です
こんな景色の中に 身を置くと 人間なんかちっぽけなものと思える様に
なるのじゃ無いでしょうか? 自然は素晴らしいですね・・
素晴らしい写真 見させて頂き 有難う御座いました・・
2007/05/02 18:39  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

--
GWとはいえ、凄すぎる感じなんですが・・・。

私は地元で花を追いかけてます。

山は難しいですから、そちらは”Arabesque”で楽しませていただきますm(__)m
2007/05/02 22:25  | URL | hisamichi #-[ 編集] |  ▲ top

--
徘徊爺さま
昔富山に住んだこともあり、私はこれで都合4回?この地に行った事になりますが、行く度に新しい感動、新しい発見を見つけて帰ります。
今回も、旅に同行した家族が、思いがけずえらく感動しているのですよ。もちろん山への興味は無い人ですから、意外に思いましたが、やはりそれだけの強いインパクトを感じる場所なんでしょうね?
2007/05/03 00:43  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top

--
hisamichiさま
今回は山に登った訳でなく、観光客としてバスツアーで訪れただけで・・・誰でも行ける所です。
でもここはオススメだと思いますよ。一見の価値は絶対ありますから・・・紅葉の頃がこれまた・・・素晴らしいのなんのって。
2007/05/03 00:52  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/146-55f2625f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。