スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大歩危船下り
- 2007/10/22(Mon) -

20日の国見山は登山口までは山の会の貸し切りバス利用でした。


バスは国道192号線を徳島から西に向いて走り、四国のほぼ中央、大歩危から山間部に入ります。


大歩危(オオボケと読む)の名の由来は、この渓谷を大またで歩いたら危ない、の頭文字を続けたものです。


当然小歩危(コボケ)と言うのもあるわけで、こちらの方がすごいですよ、なんせ、


小またで歩いても危ないくらいですから・・・


で、その山への入り口大歩危に<ドライブインまんなか>と言うのがあって、
ここからは渓流下りの観光船が出ています。


IMGP19130109.jpg
ドライブインの真下が観光船の出発地点です。


今回このドライブインには単にトイレ休憩だけのお立ち寄りですからもちろん
船には乗りませんが、下を見下ろすとなかなかの景観がありました。


IMGP19090105.jpg
何しろ水の色が深い緑色で、大変美しい。


IMGP19100106.jpg
その上をアメンボウの様に船がすいすい~~と・・・


IMGP19170113.jpg
私も7~8年前の紅葉の時期に一度乗りましたが、なかなか風情のある体験でした。


IMGP19140110.jpg

ここは四国の中でもお薦めスポットではないかと?・・・


四国にお越しの節は是非お試しあれ・・・

この記事のURL | 旅の時間 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<木洩れ日 | メイン | 秋の野山で・・・>>
コメント
--
大歩危・小歩危、もうずいぶん前になりますが、1度だけ出かけてことがあります。
名前が珍しいので覚えてはいましたがどんなところだったかはさっぱりです。
みごとな景観ですね。もう1度出かけてみたいです。
2007/10/23 09:30  | URL | hisamichi #-[ 編集] |  ▲ top

-今日は・・-
 昔はこの道を通って高知まで遊びに行っていました
従って 大歩危 小歩危は大変懐かしい場所です・・
近年 高速道路の開通で 通ることが全く無くなり
寂しい限りです ここ十年で三回位通ったかな?

何時までも この綺麗な水の色 残って欲しいですね
そうだ まだ川下りした事有りませ~ん・・
 
2007/10/23 12:45  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-hisamichiさま-
四国の中ではこのスポットはお薦めだと思います。
紅葉の時期は、特にいいですよ~~
今回ここを通りかかって、水の美しさを再発見しました。
機会がありましたらまたお立ち寄りくださいな~~
2007/10/23 14:13  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top

-徘徊爺さま-
今でも私は高知に行くときは敢えて旧国道を走ります。
この渓谷は子ども時代に蒸気機関車で
顔や鼻の穴を真っ黒にしながら走った懐かしい思い出に
繋がるのです。
トンネルの合間に見る大歩危小歩危はあの頃に
タイムスリップさせてくれます。
川下り、一度くらいはお試しくださいな~~
2007/10/23 14:20  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top

-川下り♪-
楽しそうですねe-291
ネーミングもインパクトがあって面白いわ~。
でも、ちょっと激流っぽい所があって、カナヅチの私には勇気がいるかも‥(笑)
私の足腰が丈夫なウチに「石鎚山」「剣山」に行く事ができたら、ここまで足を伸ばしてみたいと思いましたv-410
ここなら、紅葉、本当に綺麗なんでしょうねe-420
2007/10/23 19:37  | URL | えぞ紫 #Daue0bC6[ 編集] |  ▲ top

-えぞ紫さま-
紅葉がこの緑の水に映えて綺麗ですよ~~
で、紅葉の時期としたら11月でしょうね?
11月いっぱいなら剣山も石鎚山もまだ
雪はありませんから登れるし・・・
山小屋は??です。確認が必要かと・・・
是非お越し下さい!!

2007/10/23 20:41  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/271-6e5f9b04
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。