スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
卯建(うだつ)を・・・
- 2007/11/12(Mon) -

見に、美馬市脇町まで、ひとっ走り、11日(日)の午後でした。


気温はさほど低くは無かったのですが、昼過ぎからひゅうひゅう風が吹き始め
体感温度は下がりっぱなし。


ちょっと散策には不向きかなあと思われるも
ここまで来たからには意地でも見なきゃ、ってんで歩いてきました、震えながら・・・


IMGP23950038.jpg
で、卯建とは何ぞや・・・ですよね?


でんっ、これです!!


ご覧の通り、家の二階の屋根の端に造られたこの白い屋根付き壁の部分を総称して
卯建と言います。


このように隣家と屋根を接している賑やかな街筋の商家を中心に造られたものですが、
これがあると、もし火事が出ても隣の家への類焼を防げると言う、スグレモノなのです。


          IMGP23810024.jpg
この辺りは、昔 阿波藍が産業として栄えていた頃に藍を扱う豪商達が住んでいた
地方なので、その頃の商家、民家が今も使われ続けて現存しています。


豪商達は屋根にこの卯建を造る事によって自身の羽振りを世間に知らしめたのでしょうね。


卯建は当時のセレブのステイタス?だった?


卯建を挙げる人・・・、卯建のあがらない人・・・いつの世も人生色々・・・


IMGP23770020.jpg
ともあれ、平成のこの時代もこれらの家々はずっと人が住み続けて今に至っております。


見る分には良いですが、住んでいる人々のご苦労は・・・お察しします。


IMGP23820025.jpg
数年前にはここまで整備されていなかったと思いますが、最近はすっかり観光地として
売り出し中、と言った所でしょうか?


倉敷、高山、内子町などを意識しての街づくりのようです。


         IMGP23860029.jpg
午後のひとときの散策にちょうど手頃な?街並みとお見受けしました。


残念ながら・・・私・・・卯建のあがらない・・・・部類に属しておりまっす!!

この記事のURL | 日々の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<看板 | メイン | 収穫の秋>>
コメント
--
私はどっちでしょう?・・・などといっているようでは、決まってますね。

このところ何でも観光のねたになるようですが、
そうやって昔のものが保存されるということはいいことなんでしょうね。

”卯建”にはそんな役割があったんですね。知りませんでした。

2007/11/13 08:51  | URL | hisamichi #-[ 編集] |  ▲ top

-今日は・・-
 壁の塗り替えが 行われているようですね・・
化粧直しが済むと 又一段と明るくなりますね

この様な建物が 維持され残されていく事は
観光客の爺さんとしては 大変嬉しいのですが
何回も訪問したくなる様な工夫が 欲しいです

町としても 色々考えられているようですが・・

うだつを挙げられないまま 爺さんになりました
2007/11/13 10:25  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-hisamichiさま-
昔のものを残すためには、観光地として生き残っていくと言う
二面背反的な命題が残されていると思います。
賛否は色々ありますが、取りあえず復元修復されて
次の時代に残せる事が大事ではないかと・・・

2007/11/13 11:28  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top

-徘徊爺さま-
久し振りに訪れてみて、おりょ!!と思いました。
なんか小じゃれた観光地に変貌しているではありませんか?
確かに貴重な文化財なんだけど、数年前はあんまし
パッとしない(失礼!!)通りだったのですよ。
あのままではおそらく知る人のみ知る?穴場に過ぎ
なかったと思います。
たくさんの人に見てもらえるようになったことは、
それだけでも意義があったのではないかと・・・
2007/11/13 11:35  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/289-4b9d4554
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。