スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
原尻の滝
- 2008/06/24(Tue) -
IMGP42740003.jpg

あちこちのブログでお目にかかって、一度は訪ねたいと
念願だった原尻の滝(大分県)に、6月初旬行く機会を得ました。

金曜日の夜十時頃我家を出発して四国内を延々200キロあまりも走り
夜中のフェリーで八幡浜から臼杵に渡り、未明の九州をさらに走って
朝の6時前にこの地に到着、でした。

ようやく日が差し目覚め始めた頃の滝は神秘的で、想像以上の美しさ。

まだ観光客はおろか道の駅の職員さん達も出勤していない時刻なので
滝、独り占め、ですよ。

滝の上部はちょっと変わっていて、水田や建物、鳥居まである
普通の田舎の風景ですが、その側を流れる川がいきなり落下した
という印象の珍しい滝。

確か、東洋のナイヤガラ?という呼称もあったかのように記憶してますが
残念ながら早朝のためパンフ類も無く定かではありません・・・

IMGP43170046.jpg

でも、緑と水のバランスが絶妙で、ある意味ナイヤガラより
繊細で素敵な滝だと思うのは、身びいき?でしょうか?

IMGP43080037.jpg

滝の正面にはこんなつり橋も架かっているので滝をぐるり周回しながら
全貌を眺める事が出来ます。

IMGP43480077.jpg

いやあ、思ってた以上の素敵な風景独り占めで実に堪能させて頂きました。

早朝のため、お土産の一つも買うでなく、持参の朝弁で済ませたりして
道の駅さんには何ひとつ貢献できずにゴメンナサイ!!

次は店が空いてる時間に来るからね?

って、来れるかなあ???
この記事のURL | 旅の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<祖母山(1756m) | メイン | 夕陽に捕まった~~>>
コメント
--
平地から流れ落ちる滝は珍しいでしょう?
ここは春にはチューリップ祭りでにぎわいますが、
込みすぎるので最近はその時期には出かけていません。
でも竹田方面に出かけた時はちょっと足を伸ばしますね。
夏はボートもありますので、滝の下まで行けますよ。
それも面白いかもしれませんね。
2008/06/24 13:20  | URL | hisamich #-[ 編集] |  ▲ top

-今日は・・-
 以前この滝の事はTVで 放送していました・・
一度行って見たいリストには上がっているのですが 何せ遠いのが・・
でも 死ぬまでには一度見てみたい滝です 大袈裟かなぁ・・

努力の甲斐があって こんな滝を独り占めですか 羨ましい事です

この滝 どの様にして出来たのでしょう まさか今流行の?
地震で陥没して出来たのでしょうか? 不思議です・・
すまいるさんのレポートで見られたから 当分行けなくても大丈夫・・
2008/06/24 18:33  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-hisamichiさま-
早朝の人っ子一人いない滝を見てしまったので
人々でごった返す様は想像できません。

ボートは無い方がいいんじゃないでしょうか?
興醒め?のような感じもしますが・・・

それにしても、ここはちょっと見られない景観を
見せてくれますねえ?

あまり例を見ない景色だと思いました。
2008/06/24 22:30  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top

-徘徊爺さま-
おそらくは何万年も前に起きた地殻変動の末に
断層が陥落したのではないかと?

素人の想像ですが・・・

パンフでもあれば成り立ちが分かったでしょうね?

日本には数多くの滝があれども、こんな景観は
他に類を見ないのでは?

念願が一つかなって私としては大満足!!でしたよ~
2008/06/24 22:40  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/351-e91cb15e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。