スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
象の背中・・・
- 2008/10/24(Fri) -
久々にDVDで映画を見まして・・・象の背中・・・

ちょっと重たい内容です。

先に観た二人の友人からそれぞれ印象を聞いていたのですが、

Aさん曰く、「生活レベルが違いすぎて、あまりにも一般庶民から
離れ過ぎ。こんな風に出来るのは一握りの人間しかいないでしょ?」
と言う、やや憤りのご意見と、・・・

Bさんに言わせると、「家族が看病するホスピスに愛人を呼ぶとは
何考えてるんだか?この人?」と言うもの・・・

双方とも確かに、と頷けます。

たまたまこの主人公は経済力があったから、残される家族のため
金銭的な生活設計まで段取りをするわけですが、
誰にでも出来る芸当ではないですね?

ただ、そういう色んな段取りをしながら
自分の気持ちと正直に向き合い、降りかかった運命に翻弄されながらも
きちんと折り合いを付けて自分なりの納得を得て旅立っていくまでの
主人公のココロの変遷には大いに共感しました。

「腹くくった様な事言ってるけど本当の所オレ、怖いんだヨ」
と、兄につぶやいた泣き言が、まさに彼の本音だったんでしょうね?

愛人に電話で「会いたい、ここに来て欲しい」と頼んだのも、
世間的に見れば許されない事だろうけど、何かに
すがっていたい気持ちの表れかと、大目に見られたりもしました。

ただね一つだけ、それはするべきじゃないだろう、と思えることが・・・

自分の骨の一部を愛人に渡してくれるように兄に頼むシーンが。

そんな勝手なエゴ丸出しの事して、いいんですか?

その骨を持った愛人はこれからの人生をどう生きていくわけ?
これからの彼女の人生までも縛る権利は貴方には無いはずでしょう?

それを知った妻の苦悩を貴方は理解できない?
すべてを知って許してくれた妻に対して、そんな追い討ちをかけるとは・・・

骨を渡すって事は、妻に対しての一生消えない背信行為を
しかも自分の死によってそれを完結させる事だから、その罪深さは
想像を絶するものだと思います。

だから、この映画では泣けません・・・

ただただ、重たい・・・

自分の死期を悟った象は、群れから離れて一人草原をさまよい
死に場所を探して・・・やがて一人で旅立つ・・・

私は自分が愛した者達に見守られながら死にたい・・
とつぶやく主人公・・・

それには同感ですが・・・・

resize0153.jpg
この記事のURL | 日々の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<干潟にて・・・ | メイン | 城のスケッチ・・・>>
コメント
-今晩は・・-
 到底私には 理解出来そうに無い作品のようですね・・
主人公は 死と向き合っている訳ですが だからと言って
すき放題な事をしても良いとは 言えませんよね・・

死と言う事を 隠れ蓑にして 最後まで自分のエゴを通す
卑怯な人物だと 私は思います・・(お話から想像して・・)
残された奥さんの事も また すまいるさんがご指摘の様に
愛人の将来の事も 考えてあげるべきです・・

相手の愛情を 受けたままにしないで 少しは返して
あげてと思います・・ 私は頑なな爺さんです・・
2008/10/25 20:23  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-徘徊爺さま-
私がこだわりすぎなのか?と、
心配していましたが、コメを拝見して
あ~良かった、こういう風に感じて
くれる男性もいるんだ、とホッとしました。

世の中、右を向いても左を見ても不倫ネタは
身近にゴロゴロころがってますから、
男と女が存在する限りこれが無くなる事は
ないんだろうなあ、とは思うのですよ。

でも、人の道に反した行為である事には
変わりが無く、当人同士でいくら純愛だと
言い突っぱねても、誰のココロにも
響かないと思うのです。

愛人に残すものが骨でなく、何か二人だけの
思い出の品物だったら良かったのに・・・

そう思わずにはいられません。

それって、安っぽい?結末でしょうか?
2008/10/26 19:27  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top

-今日は・・-
 不倫は昔は 思い罪でしたが 現代は 一つの文化に
なってしまいましたね 私の様に古い時代感覚の者には
許せない事です・・

車が発達し 通信手段が携帯でより簡単になり 秘密も
守れる これが最大の原因でしょうね・・

そして 週刊誌やワイドショウが 賑やかに取り上げる
自分だけ遅れていると勘違いさせられ 我もと仲間入り
小説の様に上手くは行かないのが現実です・・

背信は 人の道に外れています 身を綺麗にしてから
新たな道に進むべし 私もその様な人を見てきましたが
とても卑怯だと思っています
小説は作者の願望も入っていますので・・ 石頭爺です
2008/10/28 15:02  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-徘徊爺さま-
まさに現代では不倫は文化として
しっかり根付いた様にも思えますね?

すこぶる危険な文化?ですが・・・

一生隠し通せるものではなく、何処かで
知れる所となり、その時の人間関係の修羅場を
想像するだけでもただただぞっとします。

お近づきにはなりたくない文化?です。

石頭では、いい勝負?してるかも?
2008/10/28 22:47  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/394-b65b44bf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。