スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
五番札所・地蔵時
- 2008/12/11(Thu) -
四国はお馴染みの八十八ヶ寺参りというのがありまして
徳島県内にもそのうち二十三のお寺が存在します。

先日はその五番目の札所、地蔵寺に行く機会がありました。

我家から車で二十数分、近くにありながら本当に久し振りに
訪れる事が出来ました。(ほぼ十四~五年ぶりになるかなあ)

resize1422.jpg

この山門をくぐります・・・

resize1398.jpg

境内には樹高が数十メートルはあろうかと思われる
銀杏の大木がどど~~んと。

resize1268.jpg

お遍路に訪れた人たちが次々と木の鼓動を身体に
感じるべく幹に近づきます。

resize1267.jpg
計り知れない木のエネルギーを感じるのでしょうね?

resize1258.jpg

お先達に導かれながらの般若心経が朗々と唱和されて
ひととき、お大師様と自分の二人きりの世界がそこに現れます。

私もシャッター切りながら思わず般若心経唱えてしまいました。

resize1393.jpg

我家は浄土真宗なので、真言さんとはやや宗派を異にしますが
私が唯一知っているお経はと言えば、この般若心経だけ。

父方の祖母と一緒にあちこち行くことが多かったせいで
お四国参りにも良く出かけたおかげでしょうか・・・

resize1383.jpg

つくづく日本人って不思議な民族だと・・・

同じ仏教でもその宗派はさまざまで、教義も違うのに
どこのお寺に行っても頭を垂れることが出来るだけでなく
神様も自然も仏様もあまねく敬ってそこには何の矛盾も
無いのですから・・・

そもそも宗教で人類が争うのは根本的に間違っていると
思いませんか?

アラーやイエス、仏陀、その他のもろもろの神々も
そんなことは決して望んではいないと思うのです。

日本人でよかった・・・と思うのはこんな時・・・
この記事のURL | 日々の時間 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<インドの街角 | メイン | 昨日初雪・・・>>
コメント
-今晩は・・-
 綺麗に紅葉していますね 此方は既に散ってしまい
淋しいものです~

隣の番所 安楽死 いや間違い 安楽寺には茅葺の
方丈があるので 行きましたが ここは未だのようです

大きく育った木は生命力があり エネルギーを我々に
与えてくれるのでしょうね 
木の中を 水が流れる音がするとか言いませんか?

>そもそも宗教で人類が争うのは根本的に間違っている
と思いませんか?

全く同感です 宗教活動で来られた人に 何時もこの事で
逆に説教をしてあげます (煩い爺でしょっ)
どんな宗教でも 相容れる精神があるから 日本は
救われていると思います
逆に言えば それだけ 信念の無い国民かも知れませんが・・
それの方がいいと思います・・
日本人で良かったと 私も心からそう思います・・
2008/12/13 22:45  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-信念をもって-
宗教に入り込むと、世界の唯一の神は
キリストだ、いんや アッラーだ、と
地球を分断するかのような紛争が起こります。

みんなそれぞれに偉業を成し遂げた偉人、
あるいは神様?と言う事で良いと思うのです。

仏教発祥の地インドでは、ヒンズーの神様も
イスラムの寺院も融合と住み分けが出来ている様に
感じました。

仏教はほとんど見当たりませんが??

人間がこの世を、うまく安泰に心安らかに
過ごして行くための方便?が宗教だとするならば
それで争うのは根本的に違うでしょう?

ファジイな国日本、でも宗教に関しては
他を否定せず、大概を認めてしまう精神は
素晴らしいと思うのです。
2008/12/14 11:12  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/410-4a89c174
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。