スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
インドの街角
- 2008/12/12(Fri) -
resize0275.jpg
インド、デリー空港には夜の9時半頃の到着でしたからその日は
ホテルで寝るだけ。

翌日はこんな風景で朝が訪れたのでした。

大きな広告壁はほとんどがヨーロッパ?タッチの
最新ファッションを身につけた近代的なもの・・・

で、その前を過ぎ行く人々はおよそ年代で言うなら
100年ほど?のギャップがあろうかと思われるような
前?近代的、牧歌的?ないでたちですよ。

resize0456.jpg

ここは黄金寺院(ヒンズーのお寺)前の衣類を扱う店、
皆さんお土産のスカーフの値段交渉に忙しいので、外に出てみれば
折りしも野良牛さんがビニール袋を振り回して残飯を
物色しておりました。

resize0514_20081212210015.jpg

リキシャに揺られて颯爽と走る若い女性。

resize0511.jpg

必死で漕ぐお兄さん・・・

resize0523.jpg
街中にはあちこちに、こんなちょっとした食べ物を扱う店があり
一服する人々が集まってくる・・・

resize0821.jpg
この道は一応ハイウエイなのですが、平気で
横断するんですね?

resize0837.jpg

若い母親と子ども達・・・

resize1121.jpg

観光地(インド門)で、飲み物を売る屋台は
とても華やか・・・

resize1108.jpg

多分、地方から出てきた人たち?インド門をバックに
写真を撮りあい、コロコロと楽しげに笑い転げて
おりましたが・・・

resize0933.jpg

そうそう、これこそはインドならではの風景?・・・
アンベール城と言う遺跡を観光して、さあバスに戻ろう
とした時にどこからともなくやって来て、ささーーっと道具を広げて
ピョロリ~~ピョロピョロ~~

いきなりコブラ!!ですよ!!

しかも私が振り向いたすぐ後ろ・・・

びっくりしたなあ、もう~~
この記事のURL | 旅の時間 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<五百羅漢 | メイン | 五番札所・地蔵時>>
コメント
--
最後の写真、ほんとにあるんですね。
こんな光景、マンガの中でしか見たことがない気がします。
2008/12/13 00:03  | URL | hisamichi #-[ 編集] |  ▲ top

-hisamichiさま-
> こんな光景、マンガの中でしか見たことがない気がします。

おっしゃるとおりです。私も始めは噴き出しました!!

観光客が溜まっている所に自転車で音もなく現れて
おもむろに荷物を取り出しピャラリ~~です。

見ただろ?見たよね?ハイ、お金入れてってね!!

そう言ってます。何語?かは分からないけど・・・
2008/12/13 13:45  | URL | すまいる #-[ 編集] |  ▲ top

-今晩は・・-
 ノラ牛ですか~?
インドは牛を大切にするとは聞いていましたが
首都をねぇ 日本で言うなら東京のど真ん中を
牛殿が闊歩しているわけですね しかも自由に
何とも不思議な光景ですねぇ

ノラなら拾って来て何処かに売ってしまっては
如何でしょう?
流石インド 牛さんノラでも痩せておられない・・
驚きです・・

そしてコブラ 向こう向きで良かったですね
こっち向いてたら・・ 考えただけで 怖~い   

こんな町でも 何年か後には近代的な街に
生まれ変わって行くのでしょうね・・
2008/12/14 22:25  | URL | 徘徊爺 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-宗教の関係で-
ヒンズーは牛を食べませんから基本的に牛も
野良、なんでしょうね?

だって需要がないから売れませんもの。

雌は乳が搾れるから誰かの持ち物と言うのは
あるんでしょうけど、エサは自分で勝手に都合?
して来る?様な感じ・・・

雄は完全フリー、ってとこでしょうか。

街中の舗装の上を牛や犬が歩いていても
なんら不思議でない国・・・でした。
2008/12/15 12:23  | URL | すまいる #dihExcLE[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://smile924m.blog64.fc2.com/tb.php/412-aa23ef7a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。