スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
うさぎに会いに
- 2015/06/20(Sat) -
週末を利用して愛媛方面へ。

IMGP1955.jpg

今治からしまなみ海道を大三島で高速下車。
大山祇神社を参拝し[残念ながらお田植え祭には間に合わなかった)
IMGP1966_201506281138213e9.jpg

ちびっ子たちの奉納相撲を見て、盛港から大久野島行きの
フェリーに乗る。
IMGP1982.jpg

15分ほどのフェリー旅が付いたその先には
いるいる、港のそこここに、うさぎ!!
IMGP1989_20150628114846a32.jpg

野生の700羽あまりのうさぎが生息するそうです。
IMGP2019_20150628114909cb3.jpg

ここはうさぎと、戦時中の毒ガス施設跡で有名な
瀬戸内海の大久野島。

一度訪れたいと思っていたのがやっと実現しましたよ。
島内の唯一の宿泊施設、大久野島国民休暇村の予約が
たまたま取れたのがラッキーでした。

部屋の窓から、うさぎがあちこちに走り回る姿を見れると言うのは
かなり不思議な体験です。

TVで紹介されたこともあって、この日の宿泊は、ほぼ満員?
ファミリーのお客さんが多く、大人も子供も楽しめるスポットでした。
この記事のURL | 日々の時間 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
写真展の準備
- 2015/06/17(Wed) -
7月に開催する写真展の作品の額装が仕上がって来ました。
IMGP1943_20150617211711d7e.jpg

自分たちが主催する写真展なぞは、もちろん初めての経験ですから
右も左も分かったもんじゃありません。
IMGP1944.jpg

そこの所をよーくお見通しの先生が、プリントから額選び、装丁まで
何もかも采配して下さり、おかげで準備は着々と進んでおります。
IMGP1945_201506172117566a5.jpg

馬子にも衣装とは、まことによく言ったもので、私のあのふつーの写真でも
半切に伸ばして立派な額にはめ込むと、やや、何とかみられる??
状態になったような気が??する??
IMGP1946.jpg

7月3日(金)~5日(日)
シビックセンター3F Bギャラリーにて

日本光画会 徳島支部
2015年 写真展が開催となります

お越しいただきご指導いただければ幸いです

この記事のURL | カメラの時間 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四国霊場8番熊谷寺
- 2015/06/16(Tue) -
四国霊場8番熊谷寺、本日のお天気は曇り時々雨の、まことに
あじさい日和でありました。

平日にもかかわらず、午前中だけでも次から次へとお遍路の
人々が押し掛けます。

IMGP1857_20150616215422e52.jpg

ブルー系、ピンク系、紫系、MIX系もあり、どの✿見ても
我々の目をひととき楽しませてくれます。

IMGP1904.jpg

梅雨の晴れ間に行くもよし、雨に濡れながら訪れるもよし
まだしばらくはこのあじさい日和、堪能できそうです。
この記事のURL | ワンショット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
霧氷の石鎚山
- 2014/11/05(Wed) -
何年振りだろう、この場所に来るのは・・・

相変わらずの山歩きで、あちこち飛び回っております。

11月3日の山は、瓶が森林道から土小屋を経て石鎚山へ。

冷え込みの激しい日となり、山頂直下は霧氷が咲き乱れておりまして
思いがけず素晴らしい白の世界を見せてもらった。

こんなサプライズがあるから、まだまだ山はやめられませんです・・・

IMGP4450.jpg

IMGP4459.jpg

IMGP4497.jpg

IMGP4579.jpg
この記事のURL | 山の風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
静寂の薬研谷
- 2011/05/14(Sat) -
地元の山って、手近にあるから簡単に行けるかって言うと
案外そうじゃないんですよね??

私にとって薬研谷がまさにそんな山でした。
県別の山ガイド本に掲載が無いのでアプローチなど
全く分かりません。
知ってる人は知ってるが、私には詳細が分からず、
人に案内してもらってやっと辿り着いた山です。

IMGP7774.jpg

今年はあるご縁から、私が山友を薬研谷にご案内
すると言うお役を頂き、勇んで行って参りましたよ~~

IMGP7779.jpg

アケボノにはもう期待できないと思いましたが、
あのシャクナゲにまた会えるなあ~~とワクワクしながら歩く・・・

IMGP7795.jpg

あったあった、あの時と同じ場所に鮮やかシャクナゲ、
ヤマシャクヤクの群生も丁度花を開いたばかりの風情・・・

IMGP7797.jpg

名前は聞いたはしから抜けていくので?え?これってなんだっけ??

IMGP7812.jpg

え?これは??

IMGP7831.jpgIMGP7843.jpg

思ったとおり、アケボノの晴れ舞台の大岩は深い新緑で
縁取られておりましたよ~~

IMGP7860.jpg
カタクリさんにも会えたし・・・

IMGP7863.jpg
こんな鮮やか新芽もあったし・・・

IMGP7872.jpg
そろそろ店じまい??しかかりのコミヤマカタバミさん・・・

主役のアケボノに押され気味だった花たちが、ここぞとばかりに
主張して、行き帰りの登山道をしっかりと盛り上げてくれました。

IMGP7871.jpg

しっとりと落ち着いた静寂の中を、ケラケラ笑いと
ボリュームMAXのしゃべり(主に食い気トーク??)で
この山域、この日は我々の貸し切りでありました。

う~~ん、最高!!癒されるぅ~~
この記事のURL | 花のある風景 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。